加藤ローサ、「いちばんきれいな水」で精神年齢8歳に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月13日 > 加藤ローサ、「いちばんきれいな水」で精神年齢8歳に
メニュー

加藤ローサ、「いちばんきれいな水」で精神年齢8歳に

2006年6月13日 12:00

ユナイテッド・シネマ豊洲に導入される シートに座る加藤ローサ、菅野莉央「いちばんきれいな水」

ユナイテッド・シネマ豊洲に導入される
シートに座る加藤ローサ、菅野莉央
[拡大画像]

06年10月に東京・豊洲にオープン予定の大型シネマコンプレックス、ユナイテッド・シネマ豊洲のこけら落とし作品として製作された加藤ローサ初主演の映画「いちばんきれいな水」。同作の完成披露記者会見が、去る6月8日、東京・六本木のオリベホールで行われ、今回長編劇場映画デビューとなったウスイヒロシ監督、加藤ローサ菅野莉央らが登壇した。

10月にオープンとなるユナイテッド・シネマ豊洲は、水辺に建てられた大型商業施設内にあるため、「水」をメインコンセプトにデザインされた新しい形のシネマコンプレックス。そのコンセプトに合わせて製作されたという本作は、古屋兎丸による人気コミックが原作で、突然11年の眠りから目を覚ました姉と12歳の妹のかけがえのない日々を描くストーリー。

精神年齢が8歳のままの姉を演じた加藤は「どう演じたらいいかを監督に相談しましたが、『そのままでいい』と言われ、そのまま演じさせてもらいました(笑)。莉央ちゃんと一緒にいたから主演ということはそれほど意識しませんでした」とし、妹役の菅野は「ローサちゃんに宿題を手伝ってもらったり、一緒にお菓子を食べたりして、とても楽しかったです」と撮影を振り返っていた。今までクレイジーケンバンド、椎名林檎といったミュージシャンのPVなどを手掛けてきたウスイヒロシ監督は「日常の中で気持ちがやわらかくなるような映画になれば。様々な世代にリラックスして観てもらいたい」と抱負を語った。「いちばんきれいな水」は10月7日よりユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi