アメコミ映画ブームの立役者、マーベル会長が退任 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月6日 > アメコミ映画ブームの立役者、マーベル会長が退任
メニュー

アメコミ映画ブームの立役者、マーベル会長が退任

2006年6月6日 12:00

スパイダーマン」や「X-MEN」などをプロデュースし、現在のアメコミ映画ブームの立役者であるマーベル・スタジオのアビ・アラッドが、会長の座を退いた。映画プロデューサーとしての業務に集中するための措置で、今後は自身の製作会社アビ・アラッド・プロダクションで、マーベル原作の「ハルク2」と「アイアン・マン」(ジョン・ファブロー監督)のプロデュースに専念するつもりだという。マーベルとは、クリエイティブ・コンサルタントとしての契約が残る。この契約には、競業禁止条項が盛り込まれており、アラッドはマーベル以外のスーパーヒーロー映画、または、SFやファンタジー大作を製作することができない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi