映画も実生活も兄妹。「初恋」宮崎将の素顔は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月6日 > 映画も実生活も兄妹。「初恋」宮崎将の素顔は?
メニュー

映画も実生活も兄妹。「初恋」宮崎将の素顔は?

2006年6月6日 12:00

宮崎あおいの実兄、宮崎将「初恋」

宮崎あおいの実兄、宮崎将
[拡大画像]

1965年、東京・府中の路上で、わずか数分で現金輸送車から3億円が奪われた「府中3億円強奪事件」は、75年に犯人逮捕に至らぬまま時効を迎え、日本犯罪史上最大のミステリーと呼ばれている。間もなく公開される「初恋」は、事件の実行犯が18歳の少女だったとする原作小説を映画化した1本。“実行犯”である主人公みすずを演じたのは宮崎あおいだが、みすずの兄・亮を演じたのが、宮崎あおいの実兄たる宮崎将だ。

映画は史実の事件を描いた社会派サスペンスの様相を呈しながらも、「初恋」というタイトルが示すように、切ない恋愛映画でもある。そのギャップがあえて「面白いと感じました」と語る将。主演のあおいは、小説を読んでみすず役を切望したというが、兄の将は特に映画を意識して原作を読んだわけではないそうだ。「あおいに面白いって薦められたから読んだんですけどね。よく本を貸しあったりするんです」

将・あおいの宮崎兄妹の共演は、「EUREKA/ユリイカ」「理由」に続いて3度目で、全て兄妹という役柄。妹との共演は「特に意識することもなく、自然とできる」そうだ。「一度だけ、遠くのほうにいる僕にあおいが叫ぶ……っていうシチュエーションのCMがあったんです。僕らを知らない人が見れば、普通の男女に見えるシーンだったと思うんですが、あれはなんか変な感じでしたね(笑)」

同じ俳優として、兄・将は妹・あおいをどう見ているのか?「台詞を覚えるのが早くてすごいと思う。僕は台詞覚えるのも苦手だし、アドリブも利かないので……(笑)」

はにかみながら答える姿に、劇中の役柄同様、妹思いの兄の素顔が見えた。「初恋」は6月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi