「うなぎ」の巨匠・今村昌平監督が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月30日 > 「うなぎ」の巨匠・今村昌平監督が死去
メニュー

「うなぎ」の巨匠・今村昌平監督が死去

2006年5月30日 12:00

「赤い殺意」「神々の深き欲望」「復讐するは我にあり」などの作品で知られる今村昌平監督が30日午後、都内の病院で亡くなった。79歳だった。

大学卒業後、1951年に松竹大船撮影所に入社。小津安二郎監督の「東京物語」(54)などで助監督を経験後、日活に移り、川島雄三監督の「幕末太陽傳」(57)の脚本などを経て、58年「盗まれた欲情」で長編映画デビュー。以降、「豚と軍艦」(61)、「にっぽん昆虫記」(63)、「赤い殺意」(64)、「神々の深き欲望」(68)などエネルギッシュな作品を次々と発表した。68年から10年間はドキュメンタリーを主に手掛け、78年「復讐するは我にあり」で再び劇映画の製作を開始。83年の「楢山節考」と97年の「うなぎ」ではカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞。世界では4人目、日本人としては初となる2度のパルムドール受賞者となった。

今村作品は、日本社会の根源的かつ土俗的な重たいテーマと、独特のユーモアが同居していたために「重喜劇」と呼ばれ、海外でも人気が高かった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi