今年のカンヌ映画祭、パルムドールはケン・ローチに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月30日 > 今年のカンヌ映画祭、パルムドールはケン・ローチに
メニュー

今年のカンヌ映画祭、パルムドールはケン・ローチに

2006年5月30日 12:00

5月28日、第59回カンヌ国際映画祭の授賞式が行われ、コンペティション部門の最高賞パルムドールに、「ケス」「大地と自由」などで知られるイギリスの巨匠、ケン・ローチの「麦の穂を揺らす風(仮題)」が選ばれた。同作は、1920年代のアイルランド独立戦争を背景に医者からIRAの闘士となった青年の物語で、主演は「プルートで朝食を」など、最近活躍が目覚ましいアイルランド出身のキリアン・マーフィケン・ローチ監督は5度目のコンペティション参加で、初の栄冠となった。次点にあたるグランプリ(審査員特別大賞)はフランスのブリュノ・デュモン監督による「フランドル」に贈られた。

また、パルムドール有力候補と言われていたアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の「バベル」は監督賞に、ペドロ・アルモドバル監督の「ヴォルベール」は脚本賞と主演女優賞に、それぞれ選ばれた。

主な受賞結果は以下の通り。

◆パルムドール

「麦の穂を揺らす風(仮題)」(ケン・ローチ監督/イギリス)

◆グランプリ(審査員特別大賞)

「Flandres」(ブリュノ・デュモン監督/フランス)

◆最優秀監督賞

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督(「Babel」/アメリカ)

◆最優秀男優賞

ジャメル・ドゥブーズ、サミ・ナセリ、ロシュディ・ゼムサミ・ブアジラベルナール・ブランカンの5名(ラシッド・ブシャール監督「Indigenes」/フランス)

◆最優秀女優賞

ペネロペ・クルスカルメン・マウラ、ローラ・ドゥエナス、ブランカ・ポルティロ、ヨハナ・コボ、チュ・ランプレブの6名(ペドロ・アルモドバル監督「Volver」/スペイン)

◆最優秀脚本賞

ペドロ・アルモドバル(「Volber」/スペイン)

◆審査員賞

アンドレア・アーノルド監督(「Red Road」/イギリス)

◆カメラドール(新人賞)

コルネリウ・ポルンボユ監督(「ブカレストの東、12時8分」)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi