コミック「神童」映画化。主演少女の手つきは神童級!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月30日 > コミック「神童」映画化。主演少女の手つきは神童級!?
メニュー

コミック「神童」映画化。主演少女の手つきは神童級!?

2006年5月30日 12:00

クラシックブームにのって映画化「神童」

クラシックブームにのって映画化
[拡大画像]

さそうあきら原作の同名漫画を、「帰郷」などの作品で知られる萩生田宏治監督が映画化する「神童」。同作の製作発表記者会見が、5月29日、東京・元赤坂の明治記念館で行われ、萩生田監督以下、成海璃子松山ケンイチ柄本明手塚理美西島秀俊らキャストが来場した。

神童」は、天才ピアノ少女・うたと、音大を目指し勉強中の落ちこぼれ受験生・和音(わお)の交流を描く。天才ピアノ少女を演じる成海は「今までにないくらい、お芝居もピアノも頑張っていますが、ピアノが嫌いになるくらいにならないと」と話していたが、原作者のさそう氏は、そんな彼女を「手の動きは完璧」と誉めていた。一方、和音を演じる松山ケンイチは、役作りとして本物のピアニストに会った時の話を披露し「(彼らは)感情をそのまま鍵盤で表現できる感覚が凄い。自分も(役を作り込むのではなく)なるべく感覚で、この役に臨みたい」と語っていた。「神童」は来春公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi