現代イタリア社会の問題を見つめた「13歳の夏に僕は生まれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月30日 > 現代イタリア社会の問題を見つめた「13歳の夏に僕は生まれた」
メニュー

現代イタリア社会の問題を見つめた「13歳の夏に僕は生まれた」

2006年5月30日 12:00

マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督「13歳の夏に僕は生まれた」

マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督
[拡大画像]

6時間6分という長尺でイタリア人家族の年代記を描き、カンヌ国際映画祭・ある視点部門のグランプリを受賞したマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の最新作「13歳の夏に僕は生まれた」が、間もなく日本公開を迎える。

本作は、裕福な家庭に育った13歳の少年が、地中海で出会った不法移民の兄妹との交流を通し、現代イタリア社会の抱える問題に直面していく物語。イタリアに限らず、貧富の格差が広がりつつある現代だが、監督は「裕福さというのは1世代程度で失われてしまうもの」と言う。「親が裕福だからといって、自分もそうなれるかといえばそうでもない。聡明で感情の豊かな人間が勝ち残ってほしいですね。移民であるかどうかは関係ありません」

映画は移民問題もひとつのテーマになっているが、監督は「芸術というのは、イデオロギーやスローガンを込めると、ひとつのことに集中して小さくなってしまいます。芸術とは広がっていくべきものだと思います。この映画が移民問題に対する答えを出すことは難しいと思います」と言う。だが、「少なくとも異なる文化を受け入れ、対話し、移民も自分たちイタリアの国中に同化していってほしいですね」と、アフガン・イラク戦争でさらに移民が増えているというイタリアの現状について、希望を述べた。

少年の瑞々しい感性と純真な視線で、現代イタリア社会を見つめた「13歳の夏に僕は生まれた」は、6月3日より公開。

【ワールド・チルドレン・シネマ】13歳の夏に僕は生まれた[DVD] 【ワールド・チルドレン・シネマ】13歳の夏に僕は生まれた[DVD] 最安価格: ¥3,693 裕福な育ちのサンドロが、13歳の夏に移民の兄妹に命を助けられ、成長していく様をドキュメンタリータッチで描き、第58回カンヌ国際映画祭コンペンション部門で絶賛された意欲作。
狂った血の女[DVD] 狂った血の女[DVD] 最安価格: ¥3,352 1930年代のムッソリーニ政権下のイタリアで、美貌と才能で国民的スターへと登り詰めるも、男優との愛に溺れ、セックスとドラッグと暴力にまみれた世界へと引きずり込まれていった女優のスキャンダラスな人生を赤裸々に綴る作品。監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi