大塚愛初主演「東京フレンズ」が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月23日 > 大塚愛初主演「東京フレンズ」が映画化
メニュー

大塚愛初主演「東京フレンズ」が映画化

2006年5月23日 12:00

主題歌や劇中歌も当然、大塚愛が担当「東京フレンズ The Movie」

主題歌や劇中歌も当然、大塚愛が担当
[拡大画像]

DVDリリースのみで異例の大ヒットを記録した「東京フレンズ」の映画化が決定。5月18日、東京・青山のスパイラルホールで「東京フレンズ The Movie」の製作発表記者会見が行われ、「ロング・バケーション」などを手掛けてきたフジテレビの永山耕三監督以下、映画初主演となるシンガーソングライターの大塚愛松本莉緒真木よう子小林麻央瑛太が来場した。

本作は東京に憧れて上京してきた4人の女性による恋愛模様を描いた青春映画。映画初主演となる大塚は「女優業と歌手業は、違うものだが両立できるように頑張ります」と話し、相手役の瑛太との再共演について「DVDの最後では、彼を殴ることになっていたと思うので、一応殴る練習はしています」とコメント。一方の瑛太も負けじと「(キスシーンでは)DVDよりすごいところを観ることができます」と話し、会場から笑いがこぼれた。永山監督は「青春ものというよりはシンプルな4人の女の子とのラブストーリーにしたい」と意気込みを語っていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi