鈴木京香が歌声初披露!「男はソレを我慢できない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月23日 > 鈴木京香が歌声初披露!「男はソレを我慢できない」
メニュー

鈴木京香が歌声初披露!「男はソレを我慢できない」

2006年5月23日 12:00

どんな歌が聴けるのかは観てのお楽しみ「男はソレを我慢できない」

どんな歌が聴けるのかは観てのお楽しみ
[拡大画像]

映画・演劇・音楽などのカルチャー発信地・下北沢を舞台に描かれる、おバカでエロくてお洒落なエンターテインメント・ムービー「男はソレを我慢できない」がこのほど完成した。5月18日、東京・スペースFS汐留にて記者会見が行なわれ、信藤三雄監督、主演の竹中直人鈴木京香小池栄子が出席した。

自身も下北沢在住という信藤監督は、「今のシモキタの面白さを映像に残したかった。再開発計画で転機を迎えている下北沢へのオマージュ」とコメント。主演の竹中直人は、“7年ぶりに実家に戻ってきた時代遅れのDJ”という風変わりな役柄同様、「小池栄子はサイみたいな顔」「監督の顔を毎日見ていると妖怪に思えてきた」など、意味不明な発言を連発して会場を爆笑させていた。竹中演じるDJタイガーの妹役の小池栄子は、「私は地元がシモキタなので、“シモキタ版寅さん”のような人情劇に参加できて良かった。とても思い入れの強い作品になった」と語った。そして、マドンナ役を演じた鈴木京香は、今作で初めて歌を披露したという。そのことについて「本当に歌が下手なので、今回は私にとっての新しいチャレンジでした。映画は素晴らしいけれど、私の歌だけが心配」と不安な胸中を明かした。

共演には、大森南朋高橋克実など個性派俳優のほかに、高橋幸宏、アンガールズの田中卓志安斎肇など、下北沢に縁が深そうな顔ぶれがズラリ。「男はソレを我慢できない」は今夏、渋谷シネ・アミューズにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi