ラブシーンに自信あり!花魁の生き様描く「さくらん」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月16日 > ラブシーンに自信あり!花魁の生き様描く「さくらん」
メニュー

ラブシーンに自信あり!花魁の生き様描く「さくらん」

2006年5月16日 12:00

美麗な女優の艶姿に注目「さくらん」

美麗な女優の艶姿に注目
[拡大画像]

人気漫画家・安野モヨコ原作で、江戸・吉原を舞台に花魁たちの物語を映画化した「さくらん」のクランクアップ会見が、5月14日、東京・調布の日活撮影所で行われた。会見には、土屋アンナ木村佳乃菅野美穂らキャストが艶やかな着物姿で登場した。

原作には過激なラブシーンも描かれている本作。映画でももちろんその描写があるわけだが、「30になって初めてラブシーンを演じた」という木村曰く、大変だったのは「かつらが上下運動に弱くて、はずれそうになった(笑)」ことだとか。菅野は「ラブシーンは完璧。監督と綿密に打ち合わせし、電話でも話した」というこだわりぶり(?)を披露。主演の土屋にも当然ラブシーンがあるが、「映像がすごく綺麗だから、やらしくないです。ラブシーンというよりも、ただ、愛のシーンと言いたい。愛情のぶつかりあい。見えない美しさが出ていると思います」と語った。今回が初監督となる写真家の蜷川実花は、「ラブシーンは感情のぶつかりあいの生身の部分が出るので、ただ綺麗なだけじゃない。演出は特にこだわっているので、いいシーンが撮れたと思う」と自信を見せた。「さくらん」は来春公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi