ようやく決定。「黄金の羅針盤」監督にクリス・ウェイツ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月16日 > ようやく決定。「黄金の羅針盤」監督にクリス・ウェイツ
メニュー

ようやく決定。「黄金の羅針盤」監督にクリス・ウェイツ

2006年5月16日 12:00

黄金の羅針盤(上) 620円(税込)/新潮社「ロード・オブ・ザ・リング」

黄金の羅針盤(上)
620円(税込)/新潮社
[拡大画像]

フィリップ・プルマンの人気ファンタジー小説「黄金の羅針盤」(新潮文庫)の監督が、ようやく決定した模様だ。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手がけたニューライン・シネマが製作を手がける同作は、当初「アバウト・ア・ボーイ」のクリス・ウェイツが脚本・監督を手がけることになっていたが、複雑すぎるVFXを理由に監督の座を退いた。その後、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」の新鋭アナンド・タッカーが起用されたものの、「クリエイティブ面における相違」で降板。その知らせを聞いたウェイツ監督が、再び「黄金の羅針盤」に興味を示し、監督に返り咲くことになった。「黄金の羅針盤」は、「ライラの冒険」シリーズの第1作で、ニューライン・シネマとしては第2作「神秘の短剣」、第3作「琥珀の望遠鏡」と続けて製作したい意向だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi