ジャック・ブラック、ミシェル・ゴンドリー監督作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月9日 > ジャック・ブラック、ミシェル・ゴンドリー監督作に出演
メニュー

ジャック・ブラック、ミシェル・ゴンドリー監督作に出演

2006年5月9日 12:00

またも強烈なキャラに なりそう「エターナル・サンシャイン」

またも強烈なキャラに
なりそう
[拡大画像]

ジャック・ブラックが、「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督の最新作「Be Kind Rewind」に主演することが明らかになった。スタジオはフォーカス・フィーチャーズ・インターナショナル。

同作はゴンドリー監督自身のオリジナル脚本で、ブラックが演じるのはスクラップ処理場で働き、脳が磁気を帯びてしまった男。主人公は、磁気を帯びた脳のせいで友人のレンタルビデオ店のビデオをすべてダメにしてしまう。2人は唯一の常連客を引き止めるため、「ライオン・キング」や「ラッシュ・アワー」「ロボコップ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」といった映画を自分たちで撮り直す、というストーリー。

たった1人の常連客とは、認知症の兆候があらわれ始めている老婦人とのこと。ビデオがダメになったのなら、それを注文し直せば良いはずだが、なぜそうしなかったかについてはまだ明らかにされていない。撮影は、9月6日にニューヨークで開始される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi