ハリウッドスターのギャラ、映画不況で見直しへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月9日 > ハリウッドスターのギャラ、映画不況で見直しへ
メニュー

ハリウッドスターのギャラ、映画不況で見直しへ

2006年5月9日 12:00

90年代から高騰を続けてきたハリウッドスターのギャラが、映画不況にあって見直しを迫られているという。米エンターテイメント・ウィークリー誌がハリウッドのエージェントやスタジオ重役などを取材してまとめた記事によると、エディ・マーフィ(1作あたりの出演料2000万ドル=22億4000万円)、ハリソン・フォード(1500万ドル)、ジェニファー・ロペス(1200万ドル)、ジョン・トラボルタ(1200万ドル)らのギャラは、出演作の興行収入と比較して高すぎで、ジム・キャリー(2500万ドル)、ニコール・キッドマン(1700万ドル)、キャメロン・ディアス(1500万ドル)の出演料にしても、出演作の当たりはずれが激しいために、微妙なところだという。逆に、高額の出演料に見合ったヒットを生み出しているのは、トム・ハンクス(2500万ドル)、ウィル・スミス(2500万ドル)、ブラッド・ピット(2000万ドル)、リース・ウィザースプーン(1500万ドル)だそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi