天才対天才。「デスノート」は主演陣の演技が見物 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月25日 > 天才対天才。「デスノート」は主演陣の演技が見物
メニュー

天才対天才。「デスノート」は主演陣の演技が見物

2006年4月25日 12:00

演技にかけてはどっちが天才か!?

演技にかけてはどっちが天才か!?
[拡大画像]

“そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ”という衝撃的な設定で、週刊少年ジャンプで連載が始まるや大人気、既刊10巻の販売累計が1400万部を突破した大人気コミック「デスノート」が実写映画化される。去る4月20日には、グランドハイアット東京(東京・六本木)にて製作報告会見が行われ、藤原竜也松山ケンイチ瀬戸朝香らのキャストと金子修介監督が出席した。

大人気コミックの実写映画化、しかも主人公の夜神月(やがみ・らいと)を演じることについて藤原は「難しい役柄だなと思いました。天才が故に感情を表に出さないので、透かした芝居だと思われないか心配でした。そのさじ加減は危険かつ微妙なのですが、今回は感情表現を少し豊かにすることを心がけました」とコメント。一方、主人公を追いつめる“L”を演じる松山ケンイチは「僕はジャンプで連載当時から読んでいました。非常に面白かったのですが、現実世界だとしたら月(らいと)とも“L”とも友達にはなりたくないですね。映画化は難しいと思っていたのですが、実際、自分が“L”役を演じることになり、どうすればいいのかずっと悩みながら台本を読んでいました」とコメント。藤原、松山双方とも孤高の天才を演じるのは苦労したようだ。

映画「デスノート」は6月17日に前編が、10月に後編が公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi