テロリストなのかヒーローなのか?「Vフォー・ヴェンデッタ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月18日 > テロリストなのかヒーローなのか?「Vフォー・ヴェンデッタ」
メニュー

テロリストなのかヒーローなのか?「Vフォー・ヴェンデッタ」

2006年4月18日 12:00

エロテロリストのインリンが花束贈呈に来場「Vフォー・ヴェンデッタ」

エロテロリストのインリンが花束贈呈に来場
[拡大画像]

イギリスでカルト的人気を誇るコミックを映画化した「Vフォー・ヴェンデッタ」。日本公開を間近に控えた4月18日、監督のジェームズ・マクティーグ、製作のジョエル・シルバー、そして物語の核となる“V”を演じたヒューゴ・ウィービングの3人が来日し、東京・新宿のパークハイアット東京で会見を行った。

ファシズム国家と化した近未来のイギリスが舞台の今作。マクティーグ監督は「テーマ性としては、現在の世界情勢に触れている部分がある。民主主義国家でもこういうことは起こり得ると思う」と真摯に語った。

また、善なのか悪なのか、テロリストなのかヒーローなのか判断が難しい謎の仮面の男“V”を演じたヒューゴ・ウィービングは「いわゆるヒーローと呼ばれるものは、パーフェクト過ぎて共感しかねる。Vは肉体的・精神的に苦痛を与えられダメージを受けた人間だが、政府に対する不満・意見をぶつける強さを持っている。今までにはないとてもダークで複雑な“本当のヒーロー”だと思う」と語ったが、プロデューサーのジョエル・シルバーは「Vはアンチヒーロー。彼の中では正しいことと間違ったことの定義がぼやけているので、善でもあり悪でもある」と、また違った意見を述べた。

マトリックス」のスタッフが作り上げた確信犯的問題作「Vフォー・ヴェンデッタ」。Vがヒーローかテロリストかは、見る人の判断に委ねられる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi