トム・ハンクス、「ダ・ヴィンチ」の次は「スターバックス」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月4日 > トム・ハンクス、「ダ・ヴィンチ」の次は「スターバックス」
メニュー

トム・ハンクス、「ダ・ヴィンチ」の次は「スターバックス」

2006年4月4日 12:00

タイアップ映画ですか?

タイアップ映画ですか?
[拡大画像]

トム・ハンクスが、ガス・バン・サント監督の次回作「How Starbucks Saved My Life(いかにして私の人生はスターバックスに救われたか)」に主演することが分かった。米バラエティ誌が報じたもの。ハンクスの製作会社プレイトーンが製作し、ユニバーサル・ピクチャーズが配給する。

同作は、広告代理店J・ウォルター・トンプソン社の元重役であるマイケル・ゲイツ・ギルの回想録の映画化で、仕事も妻もなくして落ち込んでいたギルが、スターバックスの店員となり、人生の新たな生き甲斐を見つける姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi