「クラッシュ」の監督、今度はテロ映画? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月14日 > 「クラッシュ」の監督、今度はテロ映画?
メニュー

「クラッシュ」の監督、今度はテロ映画?

2006年3月14日 12:00

「クラッシュ」のアカデミー賞作品賞受賞で時の人となったポール・ハギス監督が、テロをテーマにしたサスペンス映画「Against All Enemies」の監督するかもしれない。ハリウッド・レポーター誌が報じたもの。

「Against All Enemies」は、ジョージ・W・ブッシュ大統領のもとでテロ対策を任されていたリチャード・クラークが執筆した手記「爆弾証言 すべての敵に向かって」(徳間書店)をベースにしたもので、脚色はジェームズ・バンダービルト(「ランダウン」「閉ざされた森」)が担当する。なお、ハギス監督は、コメディ映画「Honeymoon with Harry」、湾岸戦争ドラマ「Death and Dishonor」などの待機作が多数あるため、本作がいつ頃スタートするかは不明。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi