全米興行収入、05年は映画不況の年 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月14日 > 全米興行収入、05年は映画不況の年
メニュー

全米興行収入、05年は映画不況の年

2006年3月14日 12:00

アメリカ映画協会(MPAA)が、映画不況に泣いた05年の全米興行収入を明らかにした。05年の国内トータルは前年から6%ダウンの89億9000万ドル(約1兆700億円)、動員数に至っては前年の15億4000万人から14億人と8.7%もダウンしており、不況の深刻さを物語っている。その原因として、作品の質の低下や入場料の値上げ、劇場で公開されるコマーシャルの増加、DVDの普及などさまざまな要因が挙げられているが、抜本的な打開策はまだない。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi