カート・コバーンの人生を描く「ラストデイズ」。監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月14日 > カート・コバーンの人生を描く「ラストデイズ」。監督が語る
メニュー

カート・コバーンの人生を描く「ラストデイズ」。監督が語る

2006年3月14日 12:00

ガス・バン・サント監督「ラストデイズ」

ガス・バン・サント監督
[拡大画像]

ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」といったインディペンデント作品の他に「グッド・ウィル・ハンティング」「小説家を見つけたら」といったハリウッド資本の作品も手がけ、03年には「エレファント」でカンヌ映画祭のパルムドールを受賞したアメリカ映画界の異端児ガス・バン・サントが、90年代初頭に大ブームを巻き起こしたロックバンド、ニルバーナのカート・コバーンの自殺にインスパイアされて撮り上げた「ラストデイズ」。同作のPRのために来日した監督に話を聞いた。

ラストデイズ」はカート・コバーンの人生を、普通の伝記映画にはせずに、カートの最期の日々に焦点を当てドキュメンタリータッチで描いた作品。「一つの映画にするにはちょっと多すぎる情報量だったし、普通の伝記映画を作ろうと思わなかった。今までもそういった、人生を包括したような映画はたくさんあるからね。カートの最期の日々は、彼の人生を象徴するような、いわば小宇宙みたいなものなんだ。私自身も個人的に、人生のある一期間を描くのが好きなんだよ」

そして、03年のパルムドール受賞作「エレファント」に続き、再び「死」へと向かう人間たちを描いている。「少なからず、人間というというものは『死』というものに向かっていると思う。『エレファント』の場合は、悲劇ではあるが、犠牲者に目を向けて撮った。だけど、人の人生をよく見ていくということがより大事なのであって、『死』というものはその終着点にすぎないと思うんだ」

最近はすっかりハリウッドから遠のいていってしまっているガス・バン・サント。再びハリウッドのメインストリームには戻らないのか?と聞いてみると「戻るつもりだよ。いま取りかかっているタイムトラベルものはとてもロマンティックで、典型的なハリウッド映画になるんじゃないかな」。「ラストデイズ」は、3月18日よりシネマライズにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi