「子ぎつねヘレン」、きつね相手の撮影に一苦労 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月14日 > 「子ぎつねヘレン」、きつね相手の撮影に一苦労
メニュー

「子ぎつねヘレン」、きつね相手の撮影に一苦労

2006年3月14日 12:00

本作が長編映画デビューの河野圭太監督「子ぎつねヘレン」

本作が長編映画デビューの河野圭太監督
[拡大画像]

障害を抱えた子ぎつねと、その子ぎつねを介護する少年の交流を描いた感動作「子ぎつねヘレン」。同作で初メガホンを取った河野圭太監督に話を聞いた。

まず、原作のどこに惹かれたのか?「目も見えない、耳も聞こえない、鳴き声を発することもできない、まさにヘレン・ケラーのような子ぎつねに対する介護の過程の、あたたかくヒューマンな視線ですね」と、河野監督は語る。

しかし、原作では主人公が獣医夫妻だったのを、映画ではみなし子同士に変更している。「『親と離れている少年』と『親と離されている子ぎつね』の境遇の微妙な設定の差が、少年が子ぎつねに自分の境遇を重ね合わせて、親代わりになることにつながると思ったので、そこをテーマに描きたかったんです」

犬や猫が主人公の映画はたくさんあるが、きつねが主人公というのは珍しい。きつね相手の撮影はどうだったのか?「きつねは非常に繊細な感受性を持った生き物で、動物の中でも一番扱いにくいそうです。実はきつねはイヌ科なのですが、ネコに極めて近いと言われているんです。また、きつねは春先にしか出産せず、成長も早いので、今回は出産時期が少しずつ異なるきつねを8匹使って撮影しました。ですから、シッポの先の白い部分や手足の黒い部分がほんの少しずつ違うんですよ。撮影は、動物相手なのでとにかく待つことが大事でしたね。子ぎつねが涙目になるシーンでは、3台のカメラを回してじっと待ち続けました」

全編、低い視点からの映像が印象的だ。「各シーンの視点が低いのは、子供の太一の視線で撮っているからです。なるべく監督の思いではなく、登場するキャラクターを前面に出したかったので、カメラもあまり動かしていません。それはテレビドラマを演出している時から心掛けていることですね」。3月18日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi