ロシア版「ダイ・ハード」が過激に日本上陸! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月14日 > ロシア版「ダイ・ハード」が過激に日本上陸!
メニュー

ロシア版「ダイ・ハード」が過激に日本上陸!

2006年3月14日 12:00

テロはテロでも“エロテロリスト”とは戦えない?「ダイ・ハード」

テロはテロでも“エロテロリスト”とは戦えない?
[拡大画像]

ロシア版「ダイ・ハード」として注目を集めている「大統領のカウントダウン」の公開記念イベントが、3月7日、東京・新宿の歌舞伎町コマ劇前で行われた。

本作は、ロシア映画史上最高の製作費700万ドル(約8億円)を投下した本格アクションムービー。ロシア軍の全面協力を得て本物の軍事機材等を使用し、テロとの脅威に立ち向かうロシア連邦保安局少佐の活躍を描く。今回のイベントでは、装甲車から過激なセクシー軍服に身を包んだ“エロテロリスト”インリン・オブ・ジョイトイと、30名ほどの武装兵が登場。本作のエブゲニー・ラブレンティエフ監督を迎え、その物々しい雰囲気で広場に詰め掛けた約200人の観客を圧倒した。「ハリウッドと互角に戦える映画に挑戦した」と語る監督は、「実際の事件をモデルにした謎解きのストーリー、そして人間の尊厳やプライドを守るという普遍的で、飽きることない盛りだくさんの内容です」と作品をPRした。「大統領のカウントダウン」は3月25日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi