ワインスタイン、架空の天才作家の誕生秘話を映画に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月7日 > ワインスタイン、架空の天才作家の誕生秘話を映画に
メニュー

ワインスタイン、架空の天才作家の誕生秘話を映画に

2006年3月7日 12:00

男娼をしていた少年時代に基づいた自伝小説を発表し、天才作家として注目を集めながら、実は架空の人物だったことが判明したJ・T・リロイの誕生秘話を、ワインスタイン・カンパニーが映画化することになった。

J・T・リロイとは、少年時代の虐待体験や男娼経験、ドラッグ中毒、そしてHIV感染などセンセーショナルな私生活を赤裸々に綴った自伝小説を発表し、セレブにも多くの支持者をもつ早熟の天才作家の名前。04年には、その著作がアーシア・アルジェント監督・主演で「サラ、いつわりの祈り」として映画化もされたが、その正体が実は、ミュージシャンで作家のローラ・アルバートの作り出した架空の人物だったことが判明した。マスコミの取材には、当時アルバートと同棲していたジェフリー・ヌープの妹、サバンナ・ヌープがリロイを演じることで対応していたという。

映画の原案となるのは、リロイが架空の人物であることを暴露したニューヨーク・タイムズ紙の記事。監督はジェシー・ペレス、脚本は、アンディ・ウォーホルのミューズ、イーディ・セズウィックの映画「ファクトリー・ガール」を手がけたキャプテン・モーズナーが担当する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi