まさに奇跡が実現!?監督&主演が語る「リトル・ランナー」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月28日 > まさに奇跡が実現!?監督&主演が語る「リトル・ランナー」
メニュー

まさに奇跡が実現!?監督&主演が語る「リトル・ランナー」

2006年2月28日 12:00

劇中よりも成長したアダム・ブッチャー(右)と 監督のマイケル・マッゴーワン「リトル・ランナー」

劇中よりも成長したアダム・ブッチャー(右)と
監督のマイケル・マッゴーワン
[拡大画像]

1954年のカナダ、ハミルトン。14歳の少年が病気で眠り続ける母親を目覚めさせるために“奇跡”を起こそうと、ボストン・マラソンで史上最年少の優勝を目指す――。その姿をユーモラスに描いた感動作「リトル・ランナー」が間もなく日本公開となるが、監督マイケル・マッゴーワンと、主演のアダム・ブッチャーに話を聞くことができた。

マッゴーワン監督は自身がマラソンランナーでもあり、日本の駅伝にもカナダ代表選手として来日した経験を持つ。本作は、主人公ラルフがマラソンを通して成長する姿と、様々な聖人伝説をモチーフにラルフが“奇跡”を起こす姿を描いているが、監督は「“マラソン”と“奇跡”の両方を描いてみたかった」と語る。「そもそも『炎のランナー』以降、素晴らしいマラソン映画というものが少なかったからね。また、“走る”ということは、それ自体が信仰を探ることにもつながると思ったんだ」

主演のアダム・ブッチャーも、「もともと体を動かすのが好き」というスポーツ少年。主人公ラルフは最初走るのが苦手だが、その部分は「学校でたくさん走らされてヘトヘトになり、これ以上もう走れない……という気分を思い出して走っていた」のだそう。

果たして主人公ラルフは母親のために奇跡を起こせるのか? それは映画を観てのお楽しみだが、“奇跡”というものを信じるかとの質問に2人は、「この映画が日本で公開されて、こうしてインタビューを受けていることがまさに奇跡だよ(笑)」と、笑顔をほころばせていた。

3月4日より、Bunkamuraル・シネマほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi