ビゴ、5度目の来日「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月28日 > ビゴ、5度目の来日「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
メニュー

ビゴ、5度目の来日「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

2006年2月28日 12:00

「ロード~」以降もキャリアは順調「ヒストリー・オブ・バイオレンス」

「ロード~」以降もキャリアは順調
[拡大画像]

ロード・オブ・ザ・リング」のビゴ・モーテンセンが、「ザ・フライ」「裸のランチ」などで知られるカナダの鬼才デビッド・クローネンバーグ監督とコンビを組んだ「ヒストリー・オブ・バイオレンス」。3月11日の日本公開を控え、主演のビゴとマリア・ベロがプロモーションのために来日。2月23日、東京・赤坂のカナダ大使館にて記者会見を開いた。

本作は昨年の全米公開以来、世界中で大絶賛を浴びているサスペンスドラマで、本年度アカデミー賞にも2部門にノミネートされている。タイトルが示すとおり、この映画は9・11以降の世界を反映しているのか?と聞かれたビゴは、「とらえ方は個人の自由だが、政治的な意図はそれほどないと思う。それよりもむしろ、『映画』そのものの素晴らしさが際立っている。デビッド(・クローネンバーグ)の下で長年働いている手練れのカナダ人スタッフの技術がこの映画を素晴らしい作品にしてくれた」と作品を褒めると同時に、製作に関わったスタッフを持ち上げた。ビゴは今回5度目の来日ということで、すっかり日本の取材に慣れており、初来日のマリアをいたるところでサポートする姿も見えた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi