ジェット・リー、「人生で最も重要な作品」を引っ提げ来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月28日 > ジェット・リー、「人生で最も重要な作品」を引っ提げ来日
メニュー

ジェット・リー、「人生で最も重要な作品」を引っ提げ来日

2006年2月28日 12:00

進むアジア映画のボーダーレス化「SPIRIT」

進むアジア映画のボーダーレス化
[拡大画像]

少林寺」「HERO」のジェット・リーが、中国武術の始祖ともいうべき伝説的存在フォ・ユァンジアを演じた「SPIRIT」。本作のプロモーションのため、ロニー・ユー監督とリーが来日。2月28日、東京・六本木のグランドハイアット東京にて来日記者会見が行われ、ユー監督以下、リー、中村獅童原田眞人らの出演陣が登壇した。

本作で、中国武術の始祖という自らのルーツを掘り下げる役に挑んだ主演のジェット・リーは「この映画は、私の人生で最も重要な作品です。私はアクション映画を撮ることを生業としていますが、我々の作る映画を通して、反暴力というものを訴えたいのです。武術の『武』という文字を分解して見てみると、戈(ほこ)を止めるという構成になってます。つまりは暴力を止めるということです。本作には私の平和に対する期待が込められています」と挨拶。

一方、相手役を務め、今回が初の海外作品となった中村獅童は「子供の頃からジェット・リーのファンだったが、今回は役者として参加しているので、気にしていられなかった。撮影後に一緒にスクリーンに映っているところを観てようやく『ジェット・リーと共演した』という実感が湧きました」と共演の喜びを語った。「SPIRIT」は3月18日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi