中学時代は平々凡々でした。チェ・ミンシク「春が来れば」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月28日 > 中学時代は平々凡々でした。チェ・ミンシク「春が来れば」
メニュー

中学時代は平々凡々でした。チェ・ミンシク「春が来れば」

2006年2月28日 12:00

いまや韓国を代表する大物俳優「春が来れば」

いまや韓国を代表する大物俳優
[拡大画像]

03年カンヌ映画祭グランプリの「オールド・ボーイ」や「酔画仙」などで知られる韓国映画界を代表する名優チェ・ミンシクが、新作「春が来れば」のPRのため来日。2月24日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて、記者会見を行った。

本作は「八月のクリスマス」で知られるホ・ジノ監督の下で助監督をしていた、リュ・ジャンハ監督の長編デビュー作。売れないミュージシャンを演じたミンシクは、本作への出演の経緯について「新人監督だからといって、特に不安になるようなこともなければ、ベテランの監督だからといって安心というわけでもないんです。俳優はあらゆる意味での先入観を持ってはいけないと思います。私自身が出演を決める際に考えることは、作品の持っている可能性ということにつきますね」と俳優としての謙虚な心構えを披露。

また、地方の中学校が舞台ということで、自身の中学生時代を聞かれると、照れながらも「私の中学生時代は、これといって特徴のない学生だったと思います。学業の成績も悪からず、良からずでした。ニキビが多かったので、女の子にもモテませんでしたよ」と照れながら話した。「春が来れば」は3月25日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi