ナタリー・ポートマン来日。丸刈りの感想は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月21日 > ナタリー・ポートマン来日。丸刈りの感想は?
メニュー

ナタリー・ポートマン来日。丸刈りの感想は?

2006年2月21日 12:00

いまはここまで伸びました「マトリックス」

いまはここまで伸びました
[拡大画像]

マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が製作・脚本を手がけ、人気グラフィック・ノベルを映画化した「Vフォー・ヴェンデッタ」の主演女優ナタリー・ポートマンが、2月16日、グランドハイアット東京(東京・六本木)にて来日記者会見を開いた。94年の「レオン」で鮮烈なデビューを飾り、日本でもTVCMなどで親しまれているポートマンだが、来日は7年ぶりだという。

第3次世界大戦後、独裁国家となったイギリスを舞台に、政府に反旗を翻すためテロリズムを繰り返す謎の男「V」と、彼と行動をともにすることで反政府運動に傾いていく女性イビーを演じたポートマン。本作について「娯楽性と同時に中身のある映画で、『暴力は正当化されるのか? 容認されるのか?』といった疑問を投げかけているの。観客にはそのことを考えてほしいし、逆に何も考えずに2時間楽しむこともできるわ」と語った。そして自身がテロや紛争の絶えないイスラエル出身であることから、「どうして人は力によって己を主張することになるのか? どうしてそのようになるのか、その過程に興味を抱いているから、今回の役どころはとても興味深かった」とコメントした。

そして、昨年のカンヌ映画祭に本作の撮影のためにスキンヘッドになって現れ、世界を驚かせたポートマンだが、髪を刈るシーンは彼女自身の髪の毛を剃り落とすため「撮影は一度きりだったので、集中して演技した。とてもいい経験になったけど、スキンヘッドになったあとは、街中で人に注目されてしまって困ったわ」と笑顔で語っていた。4月22日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi