ピクサーがディズニーを蘇らせる? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月21日 > ピクサーがディズニーを蘇らせる?
メニュー

ピクサーがディズニーを蘇らせる?

2006年2月21日 12:00

大手スタジオのディズニーがアニメーションスタジオのピクサーを買収したことについて、レボリューション・スタジオのジョー・ロス会長は、今回の買収が、実際にはピクサーによるディズニー改革であるとの見解を示した。

劇場作品におけるディズニー・アニメの凋落ぶりは周知の事実だが、最近のディズニーは「バンビ2」「ライオン・キング2」など往年の名作やヒット映画の続編をビデオ向けに製作することによって収益を上げている。かつてディズニー・スタジオのトップを務め、現在はピクサーの役員でもあるロスは、「オリジナルに勝らなければ続編を作る意味がない」とするピクサーのスタッフが加わることによって、「cheapquels(安手の続編映画)」と揶揄される続編製作に歯止めがかかるかもしれないとみている模様。「ピクサーのスタッフが、ディズニーを奮い立たせるだろう」として、「これでもディズニーがピクサーと同品質の映画を作れないようなら、もうアニメ作りをやめたほうがいい」とコメントしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi