「ジョーズ」の原作者が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月14日 > 「ジョーズ」の原作者が死去
メニュー

「ジョーズ」の原作者が死去

2006年2月14日 12:00

映画「ジョーズ」の原作者として知られるアメリカの作家ピーター・ベンチリーが11日夜、特発性肺線維症のためニュージャージー州プリンストンの自宅で亡くなった。享年65歳だった。

ベンチリーは、1940年ニューヨーク市生まれ。61年にハーバード大学を卒業後、米紙ワシントン・ポストやニューズウィーク誌の記者を務めた。64年にニューヨークのロングアイランド沖で2トン超のホオジロザメが捕獲されたという話をきっかけに、サメが人間を襲う小説「ジョーズ」を執筆、74年に発表し2000万部を超える大ベストセラーとなった。75年にスティーブン・スピルバーグ監督が映画化した際には、脚本を担当、リポーター役として自ら出演も果たした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi