レッドフォード、サンダンス映画祭の現状を憂う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月14日 > レッドフォード、サンダンス映画祭の現状を憂う
メニュー

レッドフォード、サンダンス映画祭の現状を憂う

2006年2月14日 12:00

今やインディペンデント映画界最大の祭典となったサンダンス映画祭を創設したロバート・レッドフォードが、「もはや制御不能に近い状態になっている」と商業的になりすぎた映画祭の現状を嘆いた。独立系の低予算映画を発表する場として79年に設立された同映画祭は、年を重ねるごとに規模が大きくなり、現在では派手なパーティや広告宣伝の場となっている。レッドフォードは「パリス・ヒルトンのような連中がパーティーに通う巨大市場になってしまった」とニューズウィーク誌の取材に対しコメント。「彼女なんか、映画祭とはまるで関係がないのに」。ちなみにパリス・ヒルトンは、04年から3年連続でサンダンス映画祭開催時期に行われるパーティーに参加している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi