韓国の“国民の妹”が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月7日 > 韓国の“国民の妹”が来日
メニュー

韓国の“国民の妹”が来日

2006年2月7日 12:00

87年生まれの“妹”ムン・グニョン(左)と 共演のパク・コニョン「ダンサーの純情」

87年生まれの“妹”ムン・グニョン(左)と
共演のパク・コニョン
[拡大画像]

昨年春に韓国で公開され、250万人を動員するヒットとなった「ダンサーの純情」の主演ムン・グニョンパク・コニョンが、2月3日、アグネス・ホテル・アンド・アパートメンツ東京(東京・飯田橋)で来日記者会見を開いた。

映画は、パートナーを失ったダンサーが、ラストチャンスとなるダンス大会に向けて新たなパートナーの少女と出会い、生きる喜びや愛する気持ちを取り戻していくというもの。本作で健気なヒロインを演じたムン・グニョンは、愛らしい容姿と親しみやすいキャラクターで、韓国では“国民の妹”と呼ばれ、幅広い世代に人気を誇る女優。共演のパクはその魅力を聞かれると「彼女の魅力はあえて口にする必要はないと思いますが、若いのに能力があり、気配りもある。立派な女優になると思います」と答えた。また、ムンもパクについて「背が高くて自信にあふれたところが魅力的」と褒め、劇中でダンスパートナーを演じた2人らしく、息のあったところを見せていた。

ダンサーの純情」は、この春六本木にオープンするCINEMART六本木、シネ・リーブル池袋ほかにてゴールデンウィークに公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi