新「007」、ボンドガールも悪役も抜きでクランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年2月7日 > 新「007」、ボンドガールも悪役も抜きでクランクイン
メニュー

新「007」、ボンドガールも悪役も抜きでクランクイン

2006年2月7日 12:00

2月3日、「007/カジノ・ロワイヤル」がプラハでクランクインとなった。ダニエル・クレイグが新生ボンドとなったことで注目を集めているが、肝心のボンドガールと悪役はいまだに決まっていない。重要な2役が決まらないため、今まで撮影開始を遅らせていたが、これ以上延期すると全米公開予定日の11月17日に間に合わなくなるとあって、撮影と平行してオーディションを続けることにしたようだ。ボンドガールや悪役の出演シーンの撮影まではまだ1カ月ほどあり、それまでになんとか決める計画だという。

同作の脚本を手がけたポール・ハギス(「クラッシュ」「ミリオンダラー・ベイビー」)によると、ボンドガールの候補は現在3、4人いるという。最近の噂では、「M:I-2」のサンディ・ニュートンと「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスの名前が挙がっている。一方、悪役のキャスティングは、候補の噂すら聞こえてこない状態だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi