引退を考えていたアン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月31日 > 引退を考えていたアン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」
メニュー

引退を考えていたアン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」

2006年1月31日 12:00

オスカーを手にするまで休めません「ブロークバック・マウンテン」

オスカーを手にするまで休めません
[拡大画像]

昨年のベネチア映画祭の金獅子賞受賞を皮切りに、国内外の数々の賞を受賞し、本年度のアカデミー賞でもっともオスカーに近い作品といわれる「ブロークバック・マウンテン」。公開を1カ月後に控え、監督のアン・リーが来日。25日、東京・新宿のパークハイアット東京で記者会見を開いた。

アン・リー監督が本作で描いたテーマは「ウェディング・バンケット」以来となる性を超えた愛情と友情。きわどい性描写のシーンが一部あるため、アメリカではR指定、日本ではPG-12となっている。だが、リー監督は「PG is wonderful」と日本ではR指定とならなかったことを喜んでいた。

本作に取りかかる前は「グリーン・デスティニー」「ハルク」といった大作を2本手がけた後で、憔悴しきっており、長期休暇、もしくは引退を考えていたというリー監督だが、突然、アニー・プルーによる本作の原作を思い出し、小規模の作品ということで製作の決心をしたのだとか。

その後作品が完成し、各地の映画祭などで上映されると、大絶賛。あれよあれよという間にアカデミー賞の本命候補になってしまった。「ベネチアで賞を取ったときは、これから半年間(アカデミー賞の授賞式まで)は忙しくなるなあと感じました」と苦笑い。「この映画は確かにゲイを描いているが、ゲイ映画ではなくラブストーリーです。ゲイコミュニティからは『ゲイ映画としては十分ではない』と言われているし(笑)。小さな作品だったのに、ここまで大きくなってしまった。とても嬉しいよ」と締めくくった。「ブロークバック・マウンテン」は3月4日よりシネマライズ、3月18日より全国拡大ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi