エリック・バナ、準備万端で臨んだ「ミュンヘン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月24日 > エリック・バナ、準備万端で臨んだ「ミュンヘン」
メニュー

エリック・バナ、準備万端で臨んだ「ミュンヘン」

2006年1月24日 12:00

話題作への出演が続くエリック・バナ「ミュンヘン」

話題作への出演が続くエリック・バナ
[拡大画像]

昨年の暮れに全米で公開され、イスラエル、パレスチナはもちろん、世界各国で議論が巻き起こっているスティーブン・スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」。日本公開を2週間後に控え、主演のエリック・バナが緊急来日。去る1月20日、東京・新宿のパークハイアット東京で記者会見を開いた。

ミュンヘン」は、72年のミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー”によって起こされたテロ事件と、その後のイスラエル政府によるパレスチナ側に対する報復をサスペンスフルに描いたストーリー。今回、バナが演じたアブナーは、イスラエル政府から暗殺チームのリーダーに任命されるが、暗殺を繰り返すうちに、自分のしていることに対して疑問を抱くようになるという難しい役どころ。役作りについて「3年前にスピルバーグ本人から直々にオファーされていたので、イスラエル訛りの英語の習得も含め、エキスパートとはいかないまでも、中東関係(特にイスラエルとパレスチナ)のことはかなり勉強しました。また、アブナーのモデルにも会って、実際の暗殺活動の話を聞き、リアリティを出すように工夫しました。誰かを暗殺した後に家具屋のショーウィンドウから見えるモデルキッチンを眺めて家族に思いをはせたり、暗殺メンバーの仲間に料理を振る舞うところなどは、そのまま映画に反映されています」と語った。バナ迫真の演技に大注目。「ミュンヘン」は2月4日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi