大物サモ・ハン、雪で遅刻。「SPL/狼よ静かに死ね」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月24日 > 大物サモ・ハン、雪で遅刻。「SPL/狼よ静かに死ね」
メニュー

大物サモ・ハン、雪で遅刻。「SPL/狼よ静かに死ね」

2006年1月24日 12:00

香港映画界の新旧スターが揃い踏み (左より)サモ・ハン、ドニー・イェン、ウー・ジン「SPL/狼よ静かに死ね」

香港映画界の新旧スターが揃い踏み
(左より)サモ・ハン、ドニー・イェン、ウー・ジン
[拡大画像]

昨秋、香港で公開され爆発的なヒットを記録し、同時期に東京で開催された東京フィルメックス06でも観客賞を受賞したバイオレンス・アクション「SPL/狼よ静かに死ね」。本作のPRのため、主演のドニー・イェン、「ジェット・リーの再来」といわれる若手注目株ウー・ジン、そして、香港映画界の重鎮サモハン・キン・ポー改めサモ・ハンが来日。1月23日、東京・永田町のキャピトル東急ホテルで記者会見が行われた。

当初、会見は午後1時開始予定だったが、21日の降雪のためサモ・ハンの飛行機が遅延した影響で、2時間半遅れで行われた。今回、30数年に及ぶ俳優生活で初めての悪役に挑んだサモ・ハンは「色々な役に挑戦できることはいいことだと思います。この映画の中では思いっきり、悪いことをやってみました」

壮絶を極める本作のアクションについては「サモ・ハンのこれまでの作品を観て、彼のイメージを生かしながら、自分なりのアクションをつけた」と語ったアクション監督のドニーに対し、サモ・ハンは「思いやりのあるアクション演出をしてもらった」と返答。それに対してドニーは「思いやりを受けたのは私です。そうでなければ、私はいま病院にいて、ここには来られなかったでしょう」とコメント。

また、ユエン・ウーピンにその才能を見いだされたウー・ジンは「私はドニー、サモ・ハンの映画を観ながら成長しました。彼らの真似をして鼻の骨を折ったこともあります」と語り、会場を驚かせた。「SPL/狼よ静かに死ね」は3月4日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi