ジョディ・フォスター、気ままな女優業 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月17日 > ジョディ・フォスター、気ままな女優業
メニュー

ジョディ・フォスター、気ままな女優業

2006年1月17日 12:00

大ヒットを祈願して鏡割りを行った ジョディ・フォスター「フライトプラン」

大ヒットを祈願して鏡割りを行った
ジョディ・フォスター
[拡大画像]

高度1万メートルを飛行中の旅客機内で、姿を消した娘を探すため孤軍奮闘する母親の姿を力強く演じた「フライトプラン」の主演ジョディ・フォスターが、1月11日、東京・六本木のグランドハイアット東京で来日記者会見を開いた。

すでに2度のオスカーを獲得している大女優のジョディだが、主演作は02年の「パニックルーム」以来3年ぶり。そのインターバルの理由を「私生活が忙しかったし、いい役柄もあまりなかったから」と説明。また、次回作となるスパイク・リー監督の「インサイド・マン」については「出番も少ないし暗い役だけれど、今までやったことがないタイプなので引き受けた。私はすでにある程度の夢を叶えてしまったので、今後はパッと思いついたものを気が向いたときにやっていきたい」と語った。

本作に関しては「こうしたハリウッド的な作品にはあまり出ないけれど、この映画は、子供のために必死になる母親の感情的な部分が素晴らしいので、忘れられない作品になった」と、母親らしいコメントも。「フライトプラン」は1月28日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi