ウッディ・アレンが語る「僕のニューヨークライフ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月17日 > ウッディ・アレンが語る「僕のニューヨークライフ」
メニュー

ウッディ・アレンが語る「僕のニューヨークライフ」

2006年1月17日 12:00

自作について語るウッディ・アレン「僕のニューヨークライフ」

自作について語るウッディ・アレン
(C)GION
[拡大画像]

ニューヨークを舞台に、劇作家の青年の恋模様や、彼にアドバイスを与える神経質な老劇作家の人間関係をコメディタッチで描く……そんな“ウッディ・アレン印”が満載の「僕のニューヨークライフ」がようやく日本公開を迎える。本作について監督・主演のウッディ・アレンが語った。

主人公の青年ジェリーは、若かりし頃のアレンの姿と取れなくもない。アレン自身が演じる老作家と青年の会話は、まるでアレン自身が若い頃の自分と対話しているようでもある。「ジェリーには僕の若い頃の要素を入れてあるし、老人役の被害妄想的なところはまさに僕だ。だから、そのように理解することができるかもしれない。だけど僕が意図したことは、あくまで3人の物語を描くことだ。恋に溺れる青年、彼が恋こがれるセクシーだけど扱いづらい少女、そして青年に助言を与え続けるおかしな老人。この3人の物語は面白いものになるんじゃないかと思ったんだ」

では、もし若かりし頃の自分にアドバイスを与えることができるとしたら?

「僕は、誰にもアドバイスなんてできないと思ってるんだ。アドバイスなんてものは、人の感情には全く働きかけない。きっと『よくわかってないくせに勝手なこと言ってるよ』なんて思われるのが関の山だ。間違いを避けて進む方法を教えたとしても、きっと老人のアドバイスなんて聞かないで、人は間違いを犯すんだ。そういうもんだろう?」

僕のニューヨークライフ」は、1月21日より恵比寿ガーデンシネマにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi