オスカー候補「クラッシュ」、DVDバラまきキャンペーン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月17日 > オスカー候補「クラッシュ」、DVDバラまきキャンペーン
メニュー

オスカー候補「クラッシュ」、DVDバラまきキャンペーン

2006年1月17日 12:00

「クラッシュ」「ブロークバック・マウンテン」

「クラッシュ」
[拡大画像]

来たるアカデミー賞へ向けて、インディペンデントスタジオのライオンズゲートが強力なキャンペーン作戦を行っている。ポール・ハギス監督の「クラッシュ」を抱える同スタジオは、ハリウッドの業界関係者になんと13万枚ものDVDを発送した。

アカデミー賞へ向けて各スタジオが配布する「スクリーナー」と呼ばれるDVDは、平均1万枚から2万枚といわれているため、ライオンズゲートはその10倍近い数をばらまいたことになる。このキャンペーンについて、ライオンズゲートのトム・オーテンバーグ社長は、すでに劇場公開が終了している「クラッシュ」が、オスカー狙いの新作映画の波に飲み込まれてしまわないために必要な措置だと説明。これほど大量のDVDを配布してしまうと、違法コピーが出回るなどのリスクが伴うが、「クラッシュ」はすでにDVDが発売されているのでダメージは少ない。また、コストに関しても、他のスタジオと張り合って大量のCM投下をするよりよっぽど安上がりだといい、「とにかく作品を観てもらうことが、このキャンペーンの狙いだ」とオーテンバーグ社長は主張する。目下、アカデミー賞レースでトップを独走する「ブロークバック・マウンテン」に、「クラッシュ」がどこまで迫ることができるか注目である。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi