宮本信子が館長の「伊丹十三記念館」建設へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月27日 > 宮本信子が館長の「伊丹十三記念館」建設へ
メニュー

宮本信子が館長の「伊丹十三記念館」建設へ

2005年12月27日 12:00

館長に就任する宮本信子「お葬式」

館長に就任する宮本信子
[拡大画像]

お葬式」「タンポポ」「マルサの女」などで知られる伊丹十三監督が亡くなってから、今年で8年。「伊丹十三の本」(新潮社刊)の出版や、監督作品が続々とDVD化される中、妻で女優の宮本信子が「伊丹十三記念館」の建設することを発表。12月27日、40年ぶりに発見された伊丹監督の処女作「ゴムデッポウ」の特別上映に合わせ、東京・赤坂の草月ホールにて記者会見を行われた。

伊丹十三記念館は、伊丹さんの父で「赤西蠣太」(36)などで知られる映画監督、伊丹万作の出身地・愛媛県松山市に建設され、館内には、ミュージアムショップ、カフェ、企画展示室、そして収蔵展示室なども置かれるという。館長となる宮本は「『お葬式』で使ったソファーなどをそのまま置くつもりです。勿論『さわらないで下さい』なんていう立て札や仕切はありませんので、いくらでも触って下さい」と居心地の良さ、気軽さをアピール。設計を行った建築家の中村好文氏は「簡単で、面白く、伊丹十三らしく、ということを意識しました。伊丹十三らしいということは、奇をてらわない、スタンダードな作りということです」と記念館の概要を語った。伊丹十三記念館は07年の5月15日、伊丹十三監督の誕生日に開館予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi