パラマウント、ドリームワークスを買収 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月13日 > パラマウント、ドリームワークスを買収
メニュー

パラマウント、ドリームワークスを買収

2005年12月13日 12:00

パラマウントによるドリームワークス買収が決定した。当初、ドリームワークスの買い取り先としてNBCユニバーサルが候補に上がっており、9カ月に及ぶ交渉の結果、NBCユニバーサルの親会社であるGEがこれを拒否。その後、パラマウントが名乗りを上げ、あっという間に契約条件をまとめた。パラマウント側は、ドリームワークスが抱える負債8億2500万ドルに加えて、7億7500万ドルを支払い、ドリームワークスを傘下に入れることになった。

ドリームワークスの経営者だったスティーブン・スピルバーグ監督とデビッド・ゲフィンはそれぞれ新たにパラマウントと契約を結び、年間4作品から6作品の実写映画をこれまでと同じ予算で製作することになる。公開作品数を増やしたいパラマウントは、これで年間14から16作品を発表できるようになった。また、昨年分社化したドリームワークス・アニメーションSKGは買収の対象にはならないが、今後7年間は、パラマウントが配給権を手がけることになる。また、ドリームワークス・アニメーションSKGのキャラクターを使用したテレビ番組製作の権利も保有することになり、系列局のニコロデオンやMTVなどで展開していくことが考えられる。ちなみに、パラマウントの親会社はCBSなどを保有するメディア大手のバイアコムだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi