ラス・メイヤーの伝記映画をロブ・コーエンが監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月13日 > ラス・メイヤーの伝記映画をロブ・コーエンが監督
メニュー

ラス・メイヤーの伝記映画をロブ・コーエンが監督

2005年12月13日 12:00

セックス&バイオレンス映画の帝王ことラス・メイヤー監督についての伝記「Big Bosoms and Square Jaws: The Biography of Russ Meyer, King of the Sex Film」(ジミー・マクドナフ著)の映画化を、「トリプルX」のロブ・コーエン監督と、元レボリューション・スタジオのトッド・ガーナーが手がけることになった。コーエンは監督も担当するという。米バラエティ誌が報じたもの。

メイヤー監督は、1922年、カリフォルニア州オークランド生まれ。カメラマンとして「プレイボーイ」誌などで活躍した後、59年、自主製作映画「インモラル・ミスター・ティアーズ」で監督デビュー。「女豹ビクセン」(68)、「ファスター・プッシーキャット キル!キル!」(66)、「ワイルド・パーティー」(70)、「パンドラ・ピークス」(01)など全26作品を監督。ポップでスタイリッシュなその作風は、ポルノ映画の枠を超えた娯楽作品として世界中のクリエイター達に熱狂的に支持され、ジョン・ウォーターズクエンティン・タランティーノマイケル・ウィンターボトムなど、多くの映画監督に影響を与えた。3度の結婚・離婚を経験しているが、子供はいなかった。04年9月18日、ロサンゼルス市内の自宅で肺炎に伴う合併症のため死去した。享年82歳だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi