伊丹十三の幻のフィルムが発見! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月13日 > 伊丹十三の幻のフィルムが発見!
メニュー

伊丹十三の幻のフィルムが発見!

2005年12月13日 12:00

今月20日は監督の命日「砂の器」

今月20日は監督の命日
[拡大画像]

97年に他界した伊丹十三監督の幻のデビュー作「ゴムデッポウ」のフィルムが発見され、12月27日に特別上映イベントが開催されることになった。

「ゴムデッポウ」は62年、“伊丹一三”と名乗っていた当時29歳の伊丹の初監督作品で、伊丹が住んでいた麹町の自宅を舞台に、伊丹自らが出演し、友人たちと自作ゲーム“ゴムデッポウ”の腕を競う日常風景を描いたもの。63年に新宿のミニシアター系劇場で公開され、64年に赤坂の草月会館で「砂の器」と併映されたのを最後に40年以上も眠っていた本作が、新潮社「考える人」編集部が単行本「伊丹十三の本」を編集するにあたり、伊丹の湯河原の自宅を訪問した際に発見され、今回の特別上映となった。特別上映には、伊丹の妻であった女優の宮本信子も登場予定。詳細は新潮社サイトで。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi