宮崎駿監督の息子が「ゲド戦記」で監督デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月13日 > 宮崎駿監督の息子が「ゲド戦記」で監督デビュー
メニュー

宮崎駿監督の息子が「ゲド戦記」で監督デビュー

2005年12月13日 12:00

来夏の注目作「ゲド戦記」

来夏の注目作
[拡大画像]

12月13日、東京・有楽町の東宝本社において、06年度東宝配給作品のラインナップ発表会が行われた。来年公開の23作品の中で、最大の注目作は、アーシュラ・K・ル=グウィンによる名作ファンタジー小説を映画化するスタジオジブリの最新作「ゲド戦記」。しかも、同作で監督デビューを果たすのが、宮崎駿監督の息子である吾朗氏だというのだから驚きだ。

ジブリの鈴木敏夫プロデューサーによれば、「風の谷のナウシカ」から「ハウルの動く城」まで、宮崎駿監督の作品は「ゲド戦記」の強い影響を受けており、約30年に渡って映画化を希望していたとのこと。しかし、かつて原作者のル=グウィンに映画化を断られた過去があるという。ところが、3年ほど前に翻訳者を通じて「『ゲド戦記』を映画化できるのは宮崎駿しかいない」というメッセージが届けられ、企画がスタートした。

当時、宮崎駿監督は「ハウルの動く城」の製作に没頭しており、実質的に「ゲド戦記」企画のリーダーとなってストーリーの構成や絵コンテの作成を手がけたのが息子の吾朗氏であった。その働きぶりを見た鈴木プロデューサーが、監督への抜擢を決断したとのことだ。

ちなみに、息子が監督するとの報告を受けた駿監督は大反対したそうで、鈴木プロデューサーは「こうなったら吾朗監督に頑張ってもらって、父の不安を払拭するような立派な作品を作ってほしい。7月の公開に間に合うように(笑)」とのコメントを発表した。なお、スタジオジブリの公式サイトでは、吾朗監督の日誌も読めるので要チェック。「ゲド戦記」は、06年7月公開予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi