スピルバーグ、「ミュンヘン」の宣伝は控えめに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月6日 > スピルバーグ、「ミュンヘン」の宣伝は控えめに
メニュー

スピルバーグ、「ミュンヘン」の宣伝は控えめに

2005年12月6日 12:00

日本では来年2月公開予定「ミュンヘン」

日本では来年2月公開予定
[拡大画像]

最新作「ミュンヘン」を完成させたばかりのスティーブン・スピルバーグ監督が、この映画に関してインタビューを受けない考えであることが明らかになった。

同作は、72年のミュンヘン五輪で起きたパレスチナ人ゲリラによるイスラエル選手団襲撃事件のその後を追うというシリアスな物語で、中東のテロ問題を扱っていることから、スピルバーグ監督作品の中で最も政治色が強いとみられている。このため、安易に取材を受けて誤解や論争の種を作るよりも、作品そのもので勝負したほうが得策だと判断した模様だ。ドリームワークスの宣伝担当は「無言でいることのほうが、何よりも雄弁になることがある」と説明。「世の中が戯れ言で満ちている今、寡黙でいるほうが逆にインパクトを与えることができる」としている。ただし、「TIME」のような一流紙が巻頭インタビューをオファーしてきたときは、取材をセッティングする可能性もあるという。

ちなみに、「ニュー・ワールド」を完成させたテレンス・マリック監督も取材を一切受けないが、彼の場合は性格的な理由からだといわれている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi