リトル・ダンサーの目標は、イーストウッド? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月6日 > リトル・ダンサーの目標は、イーストウッド?
メニュー

リトル・ダンサーの目標は、イーストウッド?

2005年12月6日 12:00

こんなに凛々しくなりました「リトル・ダンサー」

こんなに凛々しくなりました
[拡大画像]

ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアーが脚本を担当し、その盟友トーマス・ウィンターベア監督が手掛けた「ディア・ウェンディ」。本作の主演ジェイミー・ベルが日本公開の前に来日し、インタビューに応じた。

映画の舞台はアメリカの炭鉱町。少年ディックが偶然見つけた銃を“ウェンディ”と名付け、“銃による平和主義”を掲げて銃に魅了された若者たちとグループを結成する。自分に自信を持てなかったディックは、ウェンディを持つことで自信と進むべき道を見つけていくが、ジェイミー自身も「同じような経験がある」と言う。

「僕は6歳から13歳の頃ダンスをやりたかったけど、僕が育った町は筋肉質で男っぽい人間の多いところで、ダンスなどおかしいと抑圧されてた。でも、ダンスは僕にとってコミュニティからの逃げ道であって、自分の表現手段だったんだ」

まるで彼の代表作「リトル・ダンサー」を地で行くような話だが、その「リトル・ダンサー」で一躍世界に名をはせた少年も、いまや19歳の青年。今年はピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」にも出演し、クリント・イーストウッドの新作にも参加している。「彼(イーストウッド)は、俳優経験が長いから、俳優のニーズを理解していて思いやりがあるよ。究極の“俳優のための監督”だね。また、ヘリやバイクを軽々と乗りこなして、75歳とは思えないほどエネルギッシュ。みんなであんな75歳になりたいと言っていたんだ」。「ディア・ウェンディ」は12月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi