「東京ゾンビ」のハゲ役で、大いに悩んだ哀川翔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月6日 > 「東京ゾンビ」のハゲ役で、大いに悩んだ哀川翔
メニュー

「東京ゾンビ」のハゲ役で、大いに悩んだ哀川翔

2005年12月6日 12:00

見所はずばり、ハゲカツラ…ですか? (佐藤佐吉監督)「東京ゾンビ」

見所はずばり、ハゲカツラ…ですか?
(佐藤佐吉監督)
[拡大画像]

「殺し屋イチ」「牛頭」など三池崇監督作品の脚本で知られ、「キル・ビル」には俳優としても出演、間もなく公開となる「東京ゾンビ」(原作:花くまゆうさく)では、劇場長編映画の監督デビューを飾った佐藤佐吉監督に話を聞いた。

哀川翔さんは、原作どおりのハゲ役を演じることに、決断まで3カ月悩んだようです。イメージ的なこともありますしね。CGでハゲ役のイメージ画像を作成して見せたんですが、画像をリアルに作りすぎたようで、翔さんに衝撃を与えてしまいました。奥さんにはバカウケだったんですけどね(笑)」

そのリアルさは、哀川の子供にもショックを与えてしまったようだ。「『こんなお父さんは見たくない』とお子さん言わせてしまったのも、翔さんが悩む原因になった。奥さんが気を使ってくれて、家の中のよく目につくところにイメージ画像を飾ってくれたら、お子さんも慣れてきて『こういうお父さんもいいかも』となったので無事に実現しました。決断してからの翔さんは、さまざまなハゲの写真を集めて研究してくれましたから、さすがですね。また、ハゲカツラは使い捨てコンタクトのようにシーンごとの使用だったので、1日に3つぐらい廃棄していました」。「東京ゾンビ」は12月10日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi