万全の安全対策の上の極限アクション「七人のマッハ!!!!!!!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月29日 > 万全の安全対策の上の極限アクション「七人のマッハ!!!!!!!」
メニュー

万全の安全対策の上の極限アクション「七人のマッハ!!!!!!!」

2005年11月29日 12:00

監督(右)もアクション俳優出身「マッハ!」

監督(右)もアクション俳優出身
[拡大画像]

昨年、極限のアクションで話題を呼んだ「マッハ!」の製作チームが、「マッハ!」を超える極限アクションに挑戦した「七人のマッハ!!!!!!!」。日本公開を前に、監督のパンナー・リットグライ、主演のダン・チューポンゲーサリン・エータワッタクンが来日。インタビューに応じてくれた。

全編がかなり危険なアクションシーンで占められている本作。「撮影中の事故で死亡しても保険金は発生しない」等の誓約書がなかったのか?と聞いてみると、主演のダンは「契約書、誓約書のようなものは基本的にありません(笑)。たしかに映画を観ていると、非常に危険な印象を持つと思うのですが、ああいったシーンは、信頼できるスタッフと共に十分なリハーサルと、安全対策をしているので大丈夫です」とし、リットグライ監督は「自分がアクション映画を作る人間の一人として、最も心がけているのは、リアル・アクションです。だけれども、その中で万全の安全対策をとることが、完全なアクション映画を撮る条件だと思う」と安全対策を重要さを説いた。

今回の主演ダン・チューポンは、「マッハ!」の主演トニー・ジャーの弟子ともいえる存在で、「マッハ!」にもスタントマンとして参加している。そんなトニー・ジャーについて、ダンに聞いてみると「彼の存在なくして、今の僕はあり得ないんです。彼の「マッハ!」の大ヒットがなければ、この映画も作られなかったでしょうし。彼には感謝することだらけです」とトニー・ジャーへのリスペクトを隠さない。

そして、邦題のタイトルが名作「七人の侍」に掛かっていることについて、リットグライ監督は「『七人の侍』は大好きで何度も観ているんです。黒澤明監督のことは、大変尊敬していて、作品もたくさん観ています。でもその中で一番好きなのが『七人の侍』なんです。『七人の侍』のスピリットは私の血となり肉となっているので、『七人のマッハ!!!!!!!』を作っているときも、自然と『七人の侍』の色々なシーンが思い浮かびましたね」と語っていた。「七人のマッハ!!!!!!!」は12月3日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi