ラッセル・クロウ、ホテルでの暴行事件で罰金刑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月22日 > ラッセル・クロウ、ホテルでの暴行事件で罰金刑
メニュー

ラッセル・クロウ、ホテルでの暴行事件で罰金刑

2005年11月22日 12:00

ラッセル・クロウが、今年6月に滞在先のホテルで従業員に電話を投げつけた事件で、160ドル(約1万9000円)の罰金刑を受けた。

クロウは6月6日の午前4時過ぎ、「シンデレラマン」のプロモーションで滞在していたニューヨークのマーサー・ホテルで、オーストラリアの妻に電話が通じなかったことに腹を立て、電話を壁から引き抜きロビーにいた従業員に向かって投げつけ、ケガを負わせていた。

クロウには禁固刑が下される可能性もあったが、18日の審問で有罪答弁を行ったため減刑となり、罰金刑のみとなった。また、この先1年間逮捕につながるようなトラブルを起こさないよう命じられた。

ちなみに両者は、8月に民事訴訟で和解している。条件の詳細は明らかにされていないが、地元紙はクロウが被害者に、賠償金として約10万ドル(約1200万円)を支払ったと報じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi