「ラッシュアワー3」ようやく始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月22日 > 「ラッシュアワー3」ようやく始動
メニュー

「ラッシュアワー3」ようやく始動

2005年11月22日 12:00

数年間に及ぶ交渉の末、「ラッシュアワー3」がようやく始動することになった。ジャッキー・チェンブレット・ラトナー監督、脚本家のジェフ・ネイサンソン(「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」)らが契約書にサインしながらも、クリス・タッカーのみが2000万ドル(約24億円)の出演料を不服としたため製作が頓挫していたが、ついにタッカーもサイン。07年夏の全米公開を目指して製作がスタートすることになった。なお、ジャッキー・チェンの出演料は1500万ドル(約18億円)、ラトナー監督のギャラは500万ドル(約6億円)。ジャッキー・チェンは出演料の他に、中国と香港での配給権も所有する。撮影は来夏、アメリカとパリでスタート。07年の夏に公開される予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi