スコセッシ監督、遠藤周作の「沈黙」の映画化へ着手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月15日 > スコセッシ監督、遠藤周作の「沈黙」の映画化へ着手
メニュー

スコセッシ監督、遠藤周作の「沈黙」の映画化へ着手

2005年11月15日 12:00

モロッコのマラケシュ映画祭に参加したマーティン・スコセッシ監督が、ついに遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫)の映画化に取りかかると発表した。スコセッシ監督は、「沈黙」を「ギャング・オブ・ニューヨーク」の次の企画として準備していたが、「アビエイター」と「ザ・ディパーテッド」を優先することになったと説明。「今度こそ、なんとか実現させたいね。なにしろ10年越しの企画だから」。「沈黙」は、日本の鎖国時代にキリスト教を布教しようとするポルトガル人宣教師の苦悩を描く長編小説。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi